投稿者: 管理者 投稿日時: 2008-6-2 20:00:58 (1555 ヒット)

5月3日、松島「九条の会」は、設立三周年記念「講演会」を行いました。講師は、元松島町長の武山仁治氏。松島「九条の会」の代表委員の一人です。「護憲で平和な世代を」という演題です。

「九条の会」が、松島では、今まで以上に市民権を得てきたという感じがしました。保守とか革新というのではなく、「人間として平和を求める」という考え方で手をつなぐという考え方が、日本国民の間に芽生えてきたのだと思います。

戦争体験を含め、戦争の悲惨さ、「憲法が住民の生活・命を守る」ということを心をこめて訴えました。米寿だということですが、いよいよお元気です。わたしたちも、心をこめて「平和の大切さ」「九条の意味」を皆さんに訴え続けようという思いを強くし、確信と励ましを受けました。


投稿者: 管理者 投稿日時: 2008-4-1 10:40:45 (1727 ヒット)

松島「九条の会」は、9の日と日曜日・土曜日・祝祭日の重なった日に、戸別に訪問して、憲法9条を守りましょう・戦争のない世の中をつくりましょうと訴え続けてきました。3月29日(土)には、6人が参加して1時間で48筆署名していただきました。高城駅前に集合して、地図を区割りして区域ごとに訪問しました。署名に入る1週間くらい前に、「署名に入りますのでよろしくお願いいたします」というビラを各戸に配布しました。お留守の家が多いのですが、留守宅には、「9条の会のチラシ」を入れました。高齢の方々は、「戦争はいやだ」ということで、署名してくださいます。若い人々も署名してくださいます。40代・50代の男性が政治的なことには関わらないことにしています。とか「署名は一切お断りです」という人が現れてきました。憲法9条を守る首長の会の動きのような状況ばかりでない、逆な動きも出てきているようです。


投稿者: 管理者 投稿日時: 2008-3-30 11:22:57 (1728 ヒット)

五月三日に松島「九条の会」設立三周年記念講演会をパレス松島を会場として午後二時から行います。講師は松島町の元町長の武山仁治氏です。武山さんは、「九条を守る首長の会」のメンバーでもあります。早速、伺って講演のお願いと松島「九条の会」の代表委員になっていただきたいとお願いしたところ快諾していただきました。

講演の内容は「九条を守る首長の会の主張と戦争体験を語る」というような感じになると思います。会場をホテル「パレス松洲」にしたので、会費(会場費と資料代)三〇〇円と致しました。

是非聴きに来てください。松島町以外の人も入れます。但し150人定員なので町外から参加される片は事務局に一応ご連絡下さい。事務局は、電話022−353−2032(名雪)です。
Email: enayuki@matusima.net


投稿者: 管理者 投稿日時: 2008-3-1 19:16:22 (1577 ヒット)

松島町の元町長の武山仁治氏らが「憲法を守る首長の会」を結成しました。早速、松島「九条の会」から、井上博之代表委員と名雪(事務局)が武山氏宅に伺い、「講演」の依頼と松島「九条の会」代表委員になっていただけないでしょうかとお願いすると「いがす」という返事でした。世話人会及び総会で正式承認を得る段取りになっていますが、うれしいニュースです。
「講演」は五月三日にパレス松島で二時から行う予定です。幅広い人たちに呼びかけることが出来ると思います。連休中で人集めが大変かもしれませんが、楽しみです。


投稿者: 管理者 投稿日時: 2007-6-21 15:16:26 (1628 ヒット)

6月20日(水)松島町役場3時集合ということで、行ってみたら、2時半頃、社民党と書いた宣伝カーのようなものを先頭に、ランナーがやってきました「反核平和の火リレー」というものでした。松島町の大橋町長は、核兵器廃絶は大事なことですと挨拶した。そのあとすぐ、「国民平和大行進」のメンバーが、役場前広場に集まった。行進には61名参加したが、役場前には役場職員20名ほどが参加し、集会人数は80名を超えていた。町長と議長が挨拶した。松島は「平和宣言の町」なので反核平和とか「平和行進」といえばずっと町長や助役が挨拶にでているが、平和の問題も何故、統一できないのか残念でならない。国民平和大行進は50年の歴史をもち、「反核平和の火リレー」は20年の歴史を持つという。いろいろなやり方があっても良いが、なんだかもったいないと思った。   名雪英三


投稿者: happynet 投稿日時: 2007-2-25 15:50:26 (1796 ヒット)

これはテストです


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
松島探訪
旅行記(見聞録)
Amazon 検索
Copyright © 松島塾 2007