松島塾
松島を愛する人のための教科書
おくのほそ道を歩く

あとがき
 芭蕉について書かれた本の多いことに感心する。

 奥の細道関係のものだけでも大変な数に上る。松島町の公民館にある図書室にある分だけでも七十冊を超える芭蕉関連本がある。多賀城図書館にもざっと数えて50冊以上の関連本があった。県立図書館に至っては読み物はそれほど多くはないが多数の資料が保存されている。

 最近出版された本は松島町の図書室ではまとめて揃えている。瑞巌寺蔵の芭蕉関係資料は多賀城図書館の資料室に保管されている。

 東北大学の図書館や国立図書館及び日本中の図書館ねとワークを探せば膨大な資料が保存されていると思われる。しかし、その原典となる資料は限られている。

1.「新版おくのほそ道」現代語訳曽良随行日記付
   穎原(えばら)退蔵・尾形仂(つとむ) 角川文庫平成15年3月25日
2.芭蕉の音風景  堀切実 ペリカン社1998年 2800円+税
3.芭蕉の心  宗左近  ほるぷ出版1998年1600円
4.俳諧師芭蕉  清水基吉 青蛙房  平成11年  2300+税
5.芭蕉の風雅  田中佳宏   葉文館出版  平成10年  2400+税
6.芭蕉の誘惑  全紀行を追いかける 嵐山光三郎 2000年1500+税
7.奥の細道を歩く辞典 久富哲雄 三省堂 1989年 1030円
8.芭蕉二つの顔 田中善信  講談社 1998年  1500+税
9.ガイドブックおくのほそ道 文 和順高雄 写真 荒井幸人 偕成社
        1994年  2000円
10.「奥の細道」を歩く 山本  柏書房 1982年 1600円
11.おくのほそ道の旅 萩原恭男 杉田美登 岩波ジュニア新書 2002年  740+税
12.奥の細道 有働義彦 安西剛 学習研究社 1987年 1950円
13.新編芭蕉大成 尾形仂 三省堂 1999年(1962年初版)
   2500円+税
14.芭蕉自筆「奥の細道」の顛末 櫻井武次郎 PHP研究社 1997年
15.芭蕉翁正筆奥の細道 松村雄二 笠間書店 1999年
16.奥の細道を歩く  櫻井利彦監修「山と渓谷社」 1999年初版
17.奥の細道の旅 芭蕉とともに歩く 久富哲雄 三省堂 2002年
18.「おくのほそ道」をゆく 樋田正治。黒田杏子 小学館 1997年
19.「芭蕉の松島道」について 京野英一 2004.5.30
20.奥の細道「心細き永沼に沿って」京野英一 2004年

(その他参考にしたもの)(松島町の図書室にあるものをあげてみました)
1.校本芭蕉全集第1巻発句編上 富士見書房(小宮豊隆監修)平成2年
2.      第2巻発句編下 
3.      第3巻連句 上
4.      第4巻連句 中
5.      第5巻連句 下 
6.      第6巻紀行・日記編
7.      第7巻  俳論編
8.      第8巻  書簡編
9.      第9巻  評伝・年譜
10.     第10巻 俳書・解題・総合
11.     別巻   補選編
12.奥の細道を歩く 井上良一 村松友二他 新潮社
13.「おくのほそ道」全行程を往く 石堂秀夫  三一書房
14.図説「おくのほそ道」山本脩吉 渡辺信夫 河出書房
15.おくのほそ道三〇〇年、曽良の旅日記 河北新報社
16.奥の細道の旅・芭蕉漂白の跡をゆく 講談社
17.見ながら読む芭蕉の旅  学研
18.おくの細道図譜 尾形仂 朝日新聞社
19.芭蕉庵桃青 中山義秀 中央公論社
20.奥の細道を行く 「二十一人の旅人方ドル芭蕉の足跡」 NHK
21.続・奥の細道を歩く 山本脩吉  柏書房
22.「おくのほそ道」をたずねて 宮城県民生活局  宝文堂
23.芭蕉さんの俳諧 中尾青宵  編集工房ノア
24.発句で読む芭蕉の生と死  赤羽 学  翰林書房
25.俳諧随筆 蕉門の人々 柴田宵曲著 岩波文庫
26.蕉門名句選(上)(下)堀切実編註  岩波文庫
27.おくのほそ道  尾形仂 穎原退蔵 訳注 角川文庫
28.ガイドブックおくの細道  偕成社
29.芭蕉「奥の細道」を歩く 山本脩吉 柏書房
30.芭蕉と門人たち 楠本六男 NHK
31.奥の細道と陸奥文学の旅 金沢規雄他 里文出版
32.明解シリーズ(3)奥の細道 郷 衡  有朋堂
33.WCフラナガン 小林信彦訳
        「ちはやぶる奥の細道」小林信彦 新潮社
34.芭蕉はどんな旅をしたのか 金森 敦 晶文社
35.奥の細道を歩く事典 久富哲雄 三省堂
36.「奥の細道」の俳聖松尾芭蕉 鶴見政夫 講談社
37.芭蕉自筆「奥の細道」の謎  上野洋三 二見書房
38.芭蕉の百名言  山下一海 富士見書房
39.芭蕉二つの顔 俗人と俳聖と 田中善信 講談社選書メチエ
40.奥の細道なぞふしぎ旅  上下  山本鉱太郎 新人物往来社
41.奥の細道 心と足で辿る  古田紹欽著  柏書房
42.奧の細道幻紀行  齋籐栄  東北郵政局
43.芭蕉自筆「奧の細道」の顛末 櫻井武次郎  PHP研究社
44.奧の細道の謎を読む  中名生正昭  南雲堂



松島塾内文章の無断転載を禁じます。

▲ページの上へ 

トップページへ
松島探訪
 ┣ 松島の句碑・歌碑
 ┣ 松島寺滅亡記
 ┣ 品井沼干拓の歴史
 ┣ おくのほそ道を歩く
 ┣ 松島風土記
 ┣ 松島の山野草
 ┗ 拓魂碑について
旅行記(見聞録)
[歴史・歴史物語伝記・他]

おくのほそ道を歩く
おくのほそ道を歩く]

はじめに
 ┃
おくのほそ道
 ┣ 発端
 ┣ 行程
 ┣ 五月六日(陽暦6月21日)
 ┣ 五月八日(陽暦6月24日)
 ┣ 多賀城碑
 ┣ 末の松山・塩竃
 ┣ 五月九日(陽暦6月25日)
 ┣ 松島
 ┣ 雄島
 ┣ 五月十日(陽暦6月26日)
 ┣ 「江戸より百里」(一里塚)
 ┃
芭蕉と旅
 ┃
芭蕉は忍者か神か人間か
 ┃
「曽良随行日記」と「おくのほそ道」
 ┃
芭蕉について
 ┃
俳諧の発句と俳句について
 ┃
「おくのほそ道」の書名表記
 ┃
「おくのほそ道」の芭蕉自筆本の研究
 ┃
あとがき・参考文献

メール
ご意見・ご感想はこちらでお願いします
日記
著者の日々の記録
プロフィール
著者紹介
リンク
リンク集