松島塾
松島を愛する人のための教科書
おくのほそ道を歩く

松島
 そもそも、ことふりにたれど、松島は扶桑第一の好風にして、およそ洞庭・西湖を恥ぢず。
 東南より海を入れて、江のうち三里、浙江(せっこう)の潮を堪(たた)ふ。
島々の数を尽くして、欹(そばだ)つものは天を指さし、伏すものは波に匍匐(はらばふ)。あるは二重に重なり三重に畳みて、左に別れ右に連なる。
 負へるあり、抱けるあり。児孫愛すがごとし。松の緑こまやかに、枝葉潮風に吹きたわめて、屈曲おのづから矯めたるがごとし。
 その気色?然(ようぜん)として、美人の顔(かんばせ)を粧(よそお)ふ。ちはやふる神の昔、大山祇(おおやまづみ)のなせるわざにや。

造化(ざうくわ)の天工、いづれの人か筆をふるひ、詞(ことば)を尽(つく)さむ雄島が磯は、地続きて海に成出たる島なり。

雲居禅師の別室の跡、坐禅石などあり。

はた、松の木陰に世をいとふ人もまれまれ見えはべりて、落穂・松笠などうち煙りたる草の庵(いほり)、閑(しづ)かに住みなし、いかなる人とは知られずながら、まづなつかしく立ち寄るほどに、月、海に映りて、昼の眺めまた改む。

江上(こうしょう)に帰りて宿を求むれば、窓を開き二階を作りて、風雲の中に旅寝するこそ、あやしきまで妙なる心地はせらるれ。


 松島や鶴に身を借れほととぎす   曽良


予は口を閉ぢて眠らんとしていねられず。
旧庵を別るる時、素堂、松島の詩あり。
原安適、松が浦島の和歌を贈らる。
袋を解きてこよいひの友とす。
かつ、杉風・濁子(じょくし)発句あり。

曽良随行日記
「九日 快晴。辰の剋、塩竈明神を拝。帰而出船。千賀ノ浦・籬嶋・都嶋等所々見テ、午の剋、松嶋ニ着船。茶ナド呑テ瑞岩寺詣、不残見物。開山、法身和尚(真壁平四良)。中興、雲居。法身ノ最明寺殿被宿(やどさるる)岩屈有。無相禅屈ト額有。ソレヨリ雄島(所ニハ御島ト書。トミ〔富〕山モ見ユル。)所々見ル。御島、雲居ノ坐禅堂有。ソノ南ニ寧一山ノ碑之文有。北ニ庵有、道心者住ス。帰而後、八幡社・五太堂ヲ見。慈覚ノ作。松嶋ニ宿ス。久之助ト云。加衛門状添。」
解説
*辰の剋・・・午前6時15分頃
*扶桑第一の好風・・・扶桑は日本のこと。好風は好風景の略。
*午の剋・・・午前11時35分頃

瑞巌寺
曽良随行日記
「午の剋、松嶋ニ着船。茶ナド呑テ瑞岩寺詣、不残見学。」
解説
瑞巌寺の正式名称は、「青龍山瑞巌円福寺」という。

 現在は臨済宗妙心寺派の禅寺である。建立当時は、青龍山延福寺という天台宗の寺院で、開基は円仁であった。400年間続いた天台宗の寺が鎌倉執権北条氏(北条時頼)によって突然取りつぶされ禅宗(臨済宗)の寺院となり青龍山円福寺となった。円福寺の開基は「法身(ほっしん)」真壁平四郎であった。
「法身(ほっしん)真壁平四郎伝」と「松島寺滅亡記」
*「三十二世の昔」「真壁平四郎出家して入唐、帰朝の後開山す」

 瑞巌寺は青龍山瑞巌円福寺といい臨済宗の禅寺である。この禅宗の開基となったのが、宋(中国)で修行してきた法身真壁平四郎であった。

 瑞巌寺の前身は、青龍山延福寺という天台宗の寺院であった。天台宗の寺が突然臨済宗の禅寺に変わっている。このようなことは自然の流れではあろう筈がない。一体何があったというのであろうか。

 青龍山円福寺の開基は慈覚大師円仁で九世紀のことであった。天皇政権が東北を侵攻してきたとき天皇政権は中国の中華思想に基づき都(京都・奈良)が世界の中心で最も栄えており、都から遠いほど蛮族の住むところで東北は蝦夷がすむ未開地であると考えていた。東北の側から見れば天皇政権は侵略者である。天皇政権は、多賀城に国府を置いた。その精神的な支えであり軍事的な支えになったのが松島寺であった。
 天台宗の僧は、僧兵ともなる大きな軍事力を持っていた。当時三千衆徒を擁していたという。奥州藤原氏は松島寺に栗原郡を寺領として与えていた。奥州藤原氏は貴族であり天皇政権の支持者である。武家政権である鎌倉幕府としては、天台宗松島寺を鎌倉安泰のためには何とかしてつぶしておきたかった。
 かくして、天台宗の寺院が鎌倉執権北条時頼の手の者に突然つぶさることになる。

 鎌倉幕府は当時の新興宗教であった禅宗をとりいれていた。最明寺(道崇)時頼は、三浦小次郎に一千の兵を与え軍隊の力をもって天台宗の寺院を滅亡させた。一山大衆を追放し、願主儀仁を佐渡に流罪にした。そのあとで、延福寺を円福寺に改め臨済宗建長寺派の寺院とした。その開基がかつて諸国行脚をした道崇を一夜泊めた法身真壁平四郎であった。

 真壁村出身の平四郎は、殿様の草履取りであった。それが冬の寒い日、殿様の草履(木履)を胸にあてて暖めて差し出したところ、主人の木履に腰掛けていたのだろうと疑われ、足蹴にされ額を割られた。それから発憤し、僧となり修行して中国の宋にわたり、法身という名の高僧となって帰国した。これにまつわるいわれ因縁話はここでは省略する。法身は寺院が完成すると間もなく寺をあとにし、この地を去る。臨済宗建長寺派の寺が妙心寺派の寺になるのは伊達政宗の叔父が岩切を居城とする留守氏に養子に入ったときであった。

瑞巌寺を現在のような立派な寺として再建したのは伊達政宗である。



松島塾内文章の無断転載を禁じます。

▲ページの上へ 

トップページへ
松島探訪
 ┣ 松島の句碑・歌碑
 ┣ 松島寺滅亡記
 ┣ 品井沼干拓の歴史
 ┣ おくのほそ道を歩く
 ┣ 松島風土記
 ┣ 松島の山野草
 ┗ 拓魂碑について
旅行記(見聞録)
[歴史・歴史物語伝記・他]

おくのほそ道を歩く
おくのほそ道を歩く]

はじめに
 ┃
おくのほそ道
 ┣ 発端
 ┣ 行程
 ┣ 五月六日(陽暦6月21日)
 ┣ 五月八日(陽暦6月24日)
 ┣ 多賀城碑
 ┣ 末の松山・塩竃
 ┣ 五月九日(陽暦6月25日)
 ┣ 松島
 ┣ 雄島
 ┣ 五月十日(陽暦6月26日)
 ┣ 「江戸より百里」(一里塚)
 ┃
芭蕉と旅
 ┃
芭蕉は忍者か神か人間か
 ┃
「曽良随行日記」と「おくのほそ道」
 ┃
芭蕉について
 ┃
俳諧の発句と俳句について
 ┃
「おくのほそ道」の書名表記
 ┃
「おくのほそ道」の芭蕉自筆本の研究
 ┃
あとがき・参考文献

メール
ご意見・ご感想はこちらでお願いします
日記
著者の日々の記録
プロフィール
著者紹介
リンク
リンク集