松島塾
松島を愛する人のための教科書
おくのほそ道を歩く

末の松山・塩竈
 それより野田の玉川・沖の石を尋ぬ。末の松山は、寺を造りて末松山といふ。松の間々(あいあい)皆墓原にて、翼(はね)を交(か)はし枝を連(つら)ぬる契りの末も、つひにはかくのごときと、悲しさもまさりて、塩竈の浦に入相の鐘を聞く。五月雨の空いささか晴れて、夕月夜(ゆうづくよ)幽かに、籬(まがき)が島もほど近し。蜑(あま)の小舟漕ぎ連れて、肴分かつ声々に「つなでかなしも」とよみけん心も知られて、いとどあはれなり。その夜、目盲法師の、琵琶を鳴らして、奥浄瑠璃といふものを語る。平家にもあらず、ひなびたる調子うち上げて、枕近うかしましけれど、さすがに辺国の遺風忘れざるものから、殊勝におぼえらる。

 早朝、塩竈の明神に詣づ。国守再興せられて、宮柱ふとしく、彩椽(さいてん)きらびやかに、石の階(きざはし)九仭(きゅうじん)に重なり、朝日朱(あけ)の玉垣をかかやかす。かかる道の果て、塵土の境まで、神霊あらたにましますこそわが国の風俗なれと、いと貴けれ。神前に古き宝燈あり。鉄の扉の面(おもて)に「文治三年和泉三郎寄進」とあり。五百年来の俤(おもかげ)、今目の前に浮かびて、そぞろに珍し。かれは勇義忠孝の士なり。佳名今に至りて慕はずといふことなし。まことに「人よく道を勤め、義を守るべし。名もまたこれに従ふ」といへり。日すでに午に近し。舟を借りて松島に渡る。その間二里余、雄島の磯に着く。

未の剋(午後二時)塩釜に着き「湯漬けなどを喰」
解説
『道』
「多賀城碑(壷の碑)」→(現在なら東北歴史資料館)→多賀城政庁跡→奏社の宮→(荒巾脛「あらはばき」神社)→母子石→変電所前→塩釜高校前→江尻(聖光幼稚園前を通り下まで歩く・江尻とは海の先がここまで来ていたということを意味する)→(地元の一は古道として此の道をいうが、一般的には)塩竈高校前(このあたりは広い草原だったという)→江尻への道出はなく、そのまま直進してお釜神社の前に出たという説もある。また赤坂橋→七曲坂前→法蓮寺門前(塩竈神社東参道入口付近)という説もある。→「宿治兵衛」(午後2時頃到着)

『道』
「宿治兵衛」→お釜神社→旧道赤坂橋三叉路(現在は十字路)→JR東北本線沿いに南進→塩釜駅前広場を過ぎ、三叉路で右折、すぐに左折して東北本線のガード下をくぐる→少し行くと右側の民家の中に松の木があり祠がある。奥の細道の標柱があり、能因法師の歌碑がある(野田の玉川は、現在塩竈の分は暗渠になっていて、排水路になっている。その上が道路になっている。しかし多賀城市留ヶ谷あたりに行くと玉川はコンクリートで固められてはいるが玉川排水路として橋なども整備し、砂押側につながっている。おもわくの橋、→JR仙石線多賀城駅→砂押川「鎮守橋」から300メートル地点に末の松山(末の松山宝国寺)→砂押川北岸→旧田中村(多賀城市田中)→高橋→浮嶋神社→塩竈

(歌枕)「野田の玉川」多賀城市留ヶ谷三丁目地内

 能因法師「夕されば汐風越してみちのくの野田の玉川千鳥なくなり」

六玉川の一、多賀城址の東約1キロの田間の小川をそれと伝えている。
 現在の東北本線塩釜駅の南側はすべてかつては、田や畑であった。今は住宅 地にかわり、川はコンクリートで固められ暗渠となり、その上は道路になっている。かつての玉川の面影は塩釜にはない。下流の多賀城では、両岸がコンクリートで固められているが、野田の玉川という表示があり、「おもわくの橋」もあるが、「玉川排水路」であって、玉のような水の流れる川ではない。昔は土橋であったが、今は現代風の橋になっている。

(歌枕)「おもわくの橋」多賀城市留ヶ谷
 西行「踏まば憂き紅葉の錦散りしきて人も通わぬおもはくの橋」
*六玉川・・・井手の玉川(山城国)野路の玉川(近江国)調布の玉川(武蔵国)高野の玉川(紀伊国)野田の玉川(陸奥国、塩釜・多賀城)

(歌枕)「沖の石」多賀城市八幡二丁目地内
 千載和歌集「わが袖は汐干(しおひ)に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾(かわ)くまもなし」

*多賀城八幡の農家裏の池をそれと伝えているが伊達綱村時代の設定である。水戸黄門が諸国の史跡を調べさせたことから日本全国で史跡が発見されたり作り出されたりした。周囲の自然があって初めて沖の石に風情があったが現在は周りが住宅地になり、小さな庭の一部のようになってしまった。

(歌枕)「末の松山」多賀城市八幡二丁目地内
 古今集・東歌「君をおきてあだし心をわが待たば末の松山波も越えなむ」(比翼・連理の契りをした、不変の恋を契った歌を念頭に置いたもの)

*そそり立つ二本の松は樹齢460年あまり。高さおよそ20メートル。芭蕉の頃は高さ30メートルを超えていたと思われる。根本が二つに別れた松の枝下に墓が並んでいる。

*末の松山のあたりは海へいたる「末(最後)の松山であった。多賀城八幡の北の岡、かつては青松十数株が存し、海も望見できたが、現在は、海岸線が数キロにわたって後退している。市街地の中の寺の一部として「末の松山」はあり、寺は末松山宝国寺という。松島瑞巌寺の末寺出、伊達政宗の時代に再興された禅寺である。

(塩釜に帰る)
「お釜神社」・・・塩釜の竈を見る  塩釜製塩発祥

「宿」治平へ(法蓮寺門前の宿)

「法蓮寺前の宿(芭蕉止宿の地碑がある。)」

東参道(裏坂)登り口付近にあった
 法蓮寺は塩釜神社を管掌していた寺院であったが、明治維新の神仏分離令により廃仏毀釈にあい、法蓮寺は、廃棄され現在は,その跡が残っているだけになっている。徳川幕府は寺に神社を管掌させた。天皇勢力は明治維新で神社神道を復活強化することによって政治をうちたて権威を復活させた。そのため、明治政府は、まず廃仏毀釈を行い神社から寺を引き離した。徳川幕府は、寺請制度を採用してキリシタンを邪宗門として弾圧し、宗門改めを行い、戸籍をつくり民衆を支配してきた。寺は生まれてから死ぬまでを管理する役場の役割を果たしていた。名前なども寺のお坊さんに付けてもらうことが多かった。

 法蓮寺の前の宿は、芭蕉時代の面影を残す建築物が最近まで残っていたが、宿屋はすでにない。

奥浄瑠璃
 目盲(めくら)法師の琵琶をならして奥浄瑠璃というものを語る。平家にもあらず、舞にもあらずひなびたる調子うちあげて、枕辺うかしましけれど、さすがに辺土の遺風忘れざるものから、殊勝におぼえらる。
解説
*奥浄瑠璃は御国浄瑠璃ともいい、仙台地方を中心に語られた浄瑠璃の一種。*平家にもあらずというのは、平家琵琶(平曲)とも違う、仙台地方独自の語り口があった。
*舞は「幸若舞」でもないという。曲目は、義経もの、蘇我ものなど。



松島塾内文章の無断転載を禁じます。

▲ページの上へ 

トップページへ
松島探訪
 ┣ 松島の句碑・歌碑
 ┣ 松島寺滅亡記
 ┣ 品井沼干拓の歴史
 ┣ おくのほそ道を歩く
 ┣ 松島風土記
 ┣ 松島の山野草
 ┗ 拓魂碑について
旅行記(見聞録)
[歴史・歴史物語伝記・他]

おくのほそ道を歩く
おくのほそ道を歩く]

はじめに
 ┃
おくのほそ道
 ┣ 発端
 ┣ 行程
 ┣ 五月六日(陽暦6月21日)
 ┣ 五月八日(陽暦6月24日)
 ┣ 多賀城碑
 ┣ 末の松山・塩竃
 ┣ 五月九日(陽暦6月25日)
 ┣ 松島
 ┣ 雄島
 ┣ 五月十日(陽暦6月26日)
 ┣ 「江戸より百里」(一里塚)
 ┃
芭蕉と旅
 ┃
芭蕉は忍者か神か人間か
 ┃
「曽良随行日記」と「おくのほそ道」
 ┃
芭蕉について
 ┃
俳諧の発句と俳句について
 ┃
「おくのほそ道」の書名表記
 ┃
「おくのほそ道」の芭蕉自筆本の研究
 ┃
あとがき・参考文献

メール
ご意見・ご感想はこちらでお願いします
日記
著者の日々の記録
プロフィール
著者紹介
リンク
リンク集