松島塾
松島を愛する人のための教科書
おくのほそ道を歩く

おくのほそ道 「発端」
 「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖(すみか)とす。古人も多く旅に死せるあり。
予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋、江上(こうしょう)の破屋に蜘蛛の古巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神のものにつきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、股引の破れをつづり、笠の緒付けかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかかりて、住めるかたは人に譲り、杉風が別墅(べつしょ)に移るに、
  「草の戸も住み替はる代ぞ雛の家」
表八句を庵の柱に掛け置く。

おくのほそ道 「旅立ち」
「弥生も末の七日、あけぼのの空朧々(ろうろう)として、月は有明にて光をさまれるものから、冨士の峰幽かに見えて、上野・谷中の花の梢、またいつかはと心細し。・・・・・(以下略)」
(曽良随行日記)
「巳三月二十日 日出、深川出船。巳の下剋 千住ニ揚る。
 一、 二十七日夜 カスカベニ泊ル。江戸ヨリ九里余」
*「元禄二年(1689年芭蕉46才)のえとは、己巳(つちのとみ)二十日は最初の出発の計画の日か。あるいは、二十七日の間違いか議論の分かれるところ。

「おくのほそ道の旅、出発の日」について
 芭蕉の書いた「おくのほそ道」には、出発の日は 元禄2年(1689年、芭蕉46才、曽良41才)3月27日(陽暦5月27日)「弥生も末の七日」とある。しかし、曽良日記には、廿日となっている。それは最初の出発の計画の日か。芭蕉は二十七日と書いている。この食い違いは何故生じたのか。説が分かれる。)金沢規雄氏らの書いた「奥の細道と陸奥文学の旅」では、曽良の「誤記」としている。しかし、そこがどうも引っかかるという人は少なくない。
 曽良日記に依れば、20日に「千住に揚がる」として「春日部に泊まる」が27日とかいてある。(おくのほそ道では「草加」としているがこれは虚構である。)
 芭蕉も弥生も末の七日と書いている。何故7日間も足止めになっているのか。
 巳三月日二〇日、日出(午前四時三六分)江戸深川出立
 巳の下刻(午前九時半ごろから十時二〇分頃まで)千住に揚がる
 二十七日夜 春日部に泊まる(江戸より九里半)

 曽良の書き間違いだろうか。曽良程几帳面な人が書き出しから間違うはずがない。芭蕉は「松島の春{旧暦三月}の朧(おぼろ)月夜」を見たいと思っていた。芭蕉の心にかかる「松島の月」は仲秋の名月ではなく、ぼんやりとかすんだ春の朧月なのである。そうするには、出発を一月末か二月にしなければならない。寒さが厳しい。だから時期をずらしたと一般の解説書には書いてある。しかし、陰暦で一月末から二月といえば、陽暦ですでに三月か四月のことである。決して寒さが厳しいというほどのことではない。村松友次氏の研究によれば、「おくのほそ道」への旅は、最初の計画では二月出発であった。「弥生にいたり、待侘候塩竈の桜、松島の朧月(おぼろづき)あさかのぬまのかつみふくころより北の国にめぐり秋の初、冬までは美濃、尾張へ出候」と正月早々伊賀上野の俳友窪田猿雖(えんすい)に宛てた手紙に記されている。

 それが三月にずれたのにはワケがある。それは、日光の改修工事がまだ始まっていなかったからだという。日光の工事普請をめぐって伊達藩と日光奉行が対立していた。曽良はそれをそれとなく調べる任を与えられたと見るのである。{旅の費用を捻出するために願い出たとみている}

 曽良は深川の芭蕉庵の近くに住み、芭蕉によく仕えている。曽良は吉川神道の出で、幕府筋とのつながりが深い。晩年は幕府巡検使九州班随員にもなっている。曽良は「延喜式」の神名帳から北国の古社を抄録する。
 また「類字名所和歌集」(里村昌琢編、寛永8年版)や「万葉集」の名所和歌を分類した「楢山(ならやま)拾葉」(石川清民編、寛文11年)などを元に、歌枕に関するメモを準備し、旅に出ている。


 おくのほそ道の旅で芭蕉は、「庵」を売って旅の資金にした。

しかし、それでたりるわけがないという。旅行費用の大半は曽良がひねりだした。「日光から仙台への旅」の旅費はスポンサーである幕府が出している。とみるのである。

 また別の見方では、芭蕉には様々なスポンサーが付いていて金には困っていなかったという見方もある。一般的には芭蕉は清貧の人と見られている。


 特に俳聖と見る人は、芭蕉の旅は切りつめた生活の中から乞食の旅を覚悟で出かけたものと見る。その通りであったかもしれない。

 それにしても出発の日のズレは説明がつかない。出発の日が二月から三月にズレさらに7日間のびたのも日光の工事が始まっていなかったからであり、出発は工事に合わせて遅れたと見ると、千住で七日間足止めされたのも工事開始のめどがつかなかったからだという説明が説得力を持ってくる。

しかし、それを証明する証拠はどこにもない。真偽のほどはわからない。



松島塾内文章の無断転載を禁じます。

▲ページの上へ 

トップページへ
松島探訪
 ┣ 松島の句碑・歌碑
 ┣ 松島寺滅亡記
 ┣ 品井沼干拓の歴史
 ┣ おくのほそ道を歩く
 ┣ 松島風土記
 ┣ 松島の山野草
 ┗ 拓魂碑について
旅行記(見聞録)
[歴史・歴史物語伝記・他]

おくのほそ道を歩く
おくのほそ道を歩く]

はじめに
 ┃
おくのほそ道
 ┣ 発端
 ┣ 行程
 ┣ 五月六日(陽暦6月21日)
 ┣ 五月八日(陽暦6月24日)
 ┣ 多賀城碑
 ┣ 末の松山・塩竃
 ┣ 五月九日(陽暦6月25日)
 ┣ 松島
 ┣ 雄島
 ┣ 五月十日(陽暦6月26日)
 ┣ 「江戸より百里」(一里塚)
 ┃
芭蕉と旅
 ┃
芭蕉は忍者か神か人間か
 ┃
「曽良随行日記」と「おくのほそ道」
 ┃
芭蕉について
 ┃
俳諧の発句と俳句について
 ┃
「おくのほそ道」の書名表記
 ┃
「おくのほそ道」の芭蕉自筆本の研究
 ┃
あとがき・参考文献

メール
ご意見・ご感想はこちらでお願いします
日記
著者の日々の記録
プロフィール
著者紹介
リンク
リンク集