松島塾
松島を愛する人のための教科書
ベトナム見聞録

2日目 ミトー・ホイアン
(2)クチのトンネルについて
「夕刻」
      専用バス
ダナン(商業都市) ………… ホイアン
  18:00  30キロ 19:00
                 夕食20:00
ダナン……夕刻18時頃ダナンにつく。ベトナム中央東部の商業都市。街はハン川  の河口に開け、天然の良港。フエと共に中部観光の拠点、人口90万人、騒がしい商業都市。チャンパ王国の拠点。ハン川の近くに市場がある。

*ベトナム戦争中の最大の米軍基地と第一海兵師団司令部があった。現在のダナン空港の一部と対岸のソンチャー半島に広大な基地跡が名残をとどめている。

ホイアン……ダナンから南東へ約30キロ、ドウ・ボン川の河口に位置する沿岸の街。約180年前の姿を今に残している。かつて、交易の港として栄えた。この街には、多くの日本人が住んでいた。

16〜17世紀「日本の御朱印船」が訪れて、日本人街が形成されていた。最盛期は1000人以上が住んでいたという。徳川幕府の鎖国政策により帰国を許されなかった。その後、国交が途絶え、日本人街も衰退した。「日本人によって架けられた」とする橋(諸説がある)と郊外に「日本人墓地」がある。現在の街並みは、華僑(中国系商人)によって造られたものである。チャン・フー通りの西の端に架かっているのが、来遠橋(日本橋)である。橋の向こうにも木造の古い中国家屋フン・フンの家がある。その先に観光ポイントへの「チケット売場」がある。来遠橋から歩く人はここから買うと良い。

*夕食・・・20:00時

(3)ベトナムの地方都市のホテル
 広い敷地の中に、三階建て木造のベトナム風のこぢんまりした建物が広い庭の中に何棟もある。一階に二部屋だから三階で六部屋。これが広い庭園に散在している。池があり植え込みがありプールがある。近くには大きな川(ドウ川)が流れており、リバーサイドリゾートという名前の通りである。池には美しい水蓮が咲き庭のあちこちに大きな瓶がおかれ切り花が浮かべてある。庭はいつもきれいに手入れされ、もちろん塵一つ落ちていない。クーラーがききすぎて寒いくらいであった。
 自然環境は抜群なのだが一つだけ困ることがある。地方都市では、風呂にバスタブがないことだ。シャワーだけで済ませなければならない。そのシャワーもみんなが一斉に使用すると水の勢いがなくなるだけでなくお湯が出なくなる。

>>> 宿泊地データ(ホイアン)

「ホテル」HOI AN RIVERSIDE RESORT
(ホイアン リバーサイド リゾート)
創業 2000年(ベトナム人オーナーによるベトナムの伝統様式のホテルである。)

住所・・・CUA DAI ROAD, HOIAN TOWN, QUANG NAM PROVINCE, VIETNAM
電話・・・(510)864800  FAX (510)864900

位置・・・ダナン空港から30キロ タクシーで60分15米ドル、
リムジンバス45分 15米ドル
部屋数・・・60室   チェックイン 14:00  チェックアウト 10:00
クレジットカード・・・使えない

***ドー川の側にある
***プラグタイプ:B



松島塾内文章の無断転載を禁じます。

 

トップページへ
松島探訪
旅行記(見聞録)
 ┣ ベトナム見聞録
 ┣ 北欧見聞録
 ┣ 東欧見聞録
 ┣ イタリア見聞録
 ┣ 韓国見聞録
 ┣ 南欧・北アフリカ
 ┃ (西地中海)見聞録
 ┣ 中国見聞録
 ┣ イタリア見聞録
 ┗ 東地中海見聞録
[歴史・歴史物語伝記・他]

ベトナム見聞録
はじめに
1日目(ホーチミン市)
  ┣ ホーチミン市紹介
  ┗ ホーチミン市の交通事情
2日目
  ┣ クチのトンネル
  ┗ クチのトンネルについて
3日目
  ┗ 午後 ホイアン市内視察
4日目
  ┗ 古都「フエ」へ
5日目
  ┗ フエ郊外地区研修へ
6日目
7日目・資料
  ┗ 「ベトナムの見所聞き所」
ベトナム紹介
  ┣ 「ベトナムの分断はなぜ起こったか」
  ┗ 「インドシナ半島について」
ベトナムの歴史・建国神話
  ┗ 参考文献

メール
ご意見・ご感想はこちらでお願いします
日記
著者の日々の記録
プロフィール
著者紹介
リンク
リンク集